シミに効く化粧品

そもそも美白って?

美白はブームと呼ばれていた時代からさらに進み、現在ではすっかり定着して女性の肌ケアの基本となっているのですが、そもそもはどういった意味合いを持つものなのでしょうか。

 

美白はその名のとおり肌を白く保つことを指しており、別名でホワイトニングと呼ばれることも多くあります。

 

肌の色を構成する要素としては、人間の体内で生成されるメラニン色素が大きく関与しており、色素の量が少なければ肌が白く色素が多ければ肌は褐色や黒さを帯びてくることになります。

 

以前は日に焼けた肌は綺麗で健康的と思われる時代もありましたが、今ではそうしたこととは正反対の認識であり、化粧品はもとより衣服などもUVカット仕様となっており、あらゆる所で肌を焼かないための工夫が施されています。

 

そして肌の色合いを決定付けるメラニン色素の生成を抑えて肌を白くするのが美白ケアとなるのですが、そもそもなぜメラニン色素は増えてしまうのでしょうか。

 

その原因として最も大きいのは日々の生活の中で日光からの紫外線に当たるという事が挙げられ、日焼けにより生じたメラニンが色素沈着することで肌は色合いがくすみ、褐色や黒色になるだけでなくシミも多く生じることになるのです。

 

美白ケアではすでに生成されているメラニン色素を減少させるとともに新たなメラニン色素の生成を抑えるということがケアの目的となり、肌ケア商品や化粧品は肌を白くする作用がある有効成分を多く配合して直接的もしくは間接的に働きかけるのです。