シミに効く化粧品

シミ・くすみはどうしてできるの?

シミやくすみは顔の印象を暗くして年齢を大きく感じさせるものなので、誰もが顔に生じないようケアに励んでいるのですが、そもそもどうして顔にこのような色素沈着ができるのでしょうか。

 

シミやくすみなどが肌にできてしまうのは肌の色を決定付けるメラニン色素の量が大きく関係しており、疾患や先天的な問題などが要因となる場合もありますが、それ以外のほとんどのケースでメラニン色素の生成を促す紫外線の存在が原因となるのです。

 

人間の肌は紫外線の照射を受けるとメラニン色素を増やすことで体を守ろうとするのですが、この時の紫外線の照射量がメラニン色素の保護能力を超えてまうと日焼け状態になります。

 

とくに紫外線UVA波を浴びた場合は肌の内部にあるメラノサイトに働きかけを行うことによりメラニン色素の生成を促すことになり、皮膚が褐色や黒色などに変色することになるのです。

 

ただここまでの段階であれば肌の新陳代謝が行われることでメラニンが沈着した細胞を生まれ変わらせ綺麗な肌にすることもできるのですが、二十歳を境目に肌の新陳代謝の機能は落ちてきますので、色素沈着が長引くとともにシミやくすみとなってしまうのです。

 

一般的にシミやくすみなどは加齢とともに自然に生じてくるものだと考えられていますが、その原因となるのは若いころから日焼け対策を怠るなど肌へのダメージの蓄積が大きく関係してきますので、かなり若い段階から以下に紫外線対策を採ってきたかが将来的に大きな差となり現れてくるのです。